前例は自らつくる、大東建託の持続可能な調達への挑戦とは?

August 28, 2023

大東建託社は2022年、建設業界で日本初のバイヤー企業としてEcoVadisを活用した サプライチェーンマネジメントを導入されました。

業界での前例がない中、大東建託技術開発部がなぜサステナビリティ調達への取組みを開始するようになったのか。

サステナビリティ調達を共に推進するために、大東建託が意識しているサプライヤーとの協働の工夫とは何か。

2023年6月で創業50年目を迎えた大東建託グループが次の50年へと未来を拓いていくための、持続可能な調達の構築への現在と今後の挑戦について、大東建託グループのサステナビリティ調達を支える技術開発部環境企画課の大久保氏にお話を伺いました。

以前のビデオが見つかりません

次の資料
Bliss Corporation: EcoVadisを活用してポジティ ブで持続可能な変化を推進
Bliss Corporation: EcoVadisを活用してポジティ ブで持続可能な変化を推進

イタリアの輸送・物流関連企業であるBliss Corporationは、サステナビリティに関する取り組みで期待以上の成果を上げています。柔軟に適応する姿勢は、従業員やクライア ント、取り巻く環境に対してポジティブな...